竹久夢二 童話集 春より 人形物語


z10663.jpg

人形物語


   1

 あるちいさな女の児こと、大きな人形とが、ある日お花はなさんのおうちをたずねました。
 ところが その女の児は、それはもうほんとに、ちいさな女の児で、その人形はまた、それはそれはすばらしい大きな人形だったのです。
 それゆえ、お取次に出た女中には、人形だけしか眼めに入らなかったのです。女中はおどろいてお花さんに、
「まあお嬢さま! 大きなお人形さんがお嬢さまに逢あいにいらっしゃいましたよ」と言いました。

   2

「玉たまちゃん」茶の間で、お母様の声がする。
「はあ」と愛想よく玉ちゃんは答えました。
「後生ですから、そこから鋏はさみをもってきて頂戴ちょうだいな、ね」こんどはだまっていましたが、いそいでそこにあった人形を抱きあげて、
「あたし、いま、人形におっぱいあげていますの……」と言いました。暫しばらくすると可愛かあい子守唄こもりうたがきこえて来ました。
ねんねしなされまだ日はたかい。
暮れりゃお寺の鐘がなある。

   3

 お冬ふゆさんの人形は病気でした。
 ちいさなお医者様は、大きな時計を出して、人形の脈をとりながら「ははあ」と小首をかたげました。
 お冬さんは、心もとなさに、
「先生、いかがでございましょう」
とたずねました。先生は手を拭ふきながら、
「なあに、ちょっとした風邪ですから御心配には及びません。お子様方は夜おやすみの時、おなかを出さないように気をつけて下さい」
と言いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR