竹久夢二 童話集 春より はしがき


z10663.jpg

はしがき
竹久夢二



 少年達のため挿絵をかきながら、物語の方も自分でかいて見ようと思立おもいたって、その頃ころまだ私の手許てもとから小学校へ通っていた子供をめやすにかいたのが巻頭の数篇です。中学へ通うようになった時、「誰だれがいつどこで何をした?」をかいて見せました。これはフィリップがお手本になったのですが、「都の眼め」の留吉とめきちにしても「たどんの與太よたさん」の與太郎にしても、みんな私自身の少年の姿です。「日輪草ひまわりそう」の熊くまさんも私の姿に違いありません。
 あとの方のお話は、雑誌の挿絵にそえたもので、少年の頃見たり聞いたりした話を思出おもいだしてかいたのです。
 姉妹篇「凧たこ」に対して「春」という一字を撰えらんだのです。「春」という字は音が朗ほがらかで字画が好もしいため、本の名にしたわけです。
(千九百二十六年十月)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR