ムクゲ

z10930.jpg
 それがしも  其の日暮らしぞ  花木槿    小林一茶

木槿 Rose of Sharon
花名のムクゲは、漢名「木槿」の音読みである「もくきん」が転訛したものといわれている。

夏~秋の花。花色は白、ピンク、赤、紫など。

ムクゲの花言葉
 ムクゲの古い学名は「Althaea frutex(低木のタチアオイ)」。タチアオイは12世紀ごろに十字軍によってシリアから運ばれてきたことから、花言葉の「信念」はこの十字軍にちなむといわれている。「新しい美」の花言葉は、新たな花が次々と咲き続けることに由来するといわれている。

「信念」「新しい美」
z10932.jpg

 
ムクゲ誕生花
2月22日、3月22日、8月26日、9月11日
 
槿花一朝の夢
ムクゲは早朝に花を開き、夕方にはしぼんでしまうことから、人の世の短い栄華(はかないこと)のたとえで「槿花(きんか)一朝の夢」と表現される。しかし、新たな花が次々と咲き続け、夏から秋にかけて長期間楽しむことができる。

ムクゲの種類
シロバナムクゲ
白い一重咲きの花。
ヤエムクゲ
紅紫色の八重咲きの花。
ヒノマルムクゲ
白花底紅で日の丸の旗のような花。
 
西洋の花言葉(英語)
Rose of Sharon(ムクゲ全般)
「consumed by love(恋のとりこ)」「persuasion(信念、信仰)」
 
ムクゲの季節・開花時期
旬の季節: 夏~秋
開花時期: 6月~10月
 
名称・原産地
科・属名: アオイ科フヨウ属
学名: Hibiscus syriacus
和名: 木槿(ムクゲ)
別名: 波知須(ハチス)
英名: Rose of Sharon, Shrub althea
原産地: インド、中国
 
z10931.jpg
ムクゲは、奈良時代から栽培の記録が残る歴史ある花。秋の七草としても知られてる。
 
見分け方をご紹介。花の中心にある柱頭(チュウトウ)で見分けるのがわかりやすい。
花の名前 ムクゲ               芙蓉            ハイビスカス
開花時期 7~10月             7~10月            5~10月
花の特徴 柱頭の下におしべが付   めしべの先が上を向く   おしべが柱頭の先端に付く
        めしべの先がまっすぐ                    花の中心部が赤やピンク

                    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR