特集「射手座の花 ラベンダー」12月3日誕生花

z11007.jpg
12月3日の誕生花はラベンダーです。自分にとっても大好きな花のひとつで掲載出来てとてもうれしいです。

ラベンダー Lavender
香り高く「ハーブの女王」ともいわれるラベンダーは、古代ローマ時代から薬草として珍重されてきた。属名の学名「Lavandula(ラバンジュラ)」は、ラテン語の「lavare(洗う)」を語源とし、ローマ人が入浴の際にラベンダーをお湯のなかに入れるのを好んだことにちなむ。

夏の花(最盛期は6月)。花色は紫、ピンク、白、青など。

ラベンダーの花言葉
花言葉の「沈黙」は、ラベンダーの精神安定効果に由来するといわれている。「疑惑」の花言葉は、ラベンダーが不思議なほどに強い香りを放つことにちなむともいわれる。

「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」
z11008.jpg


 ラベンダー誕生花
7月5日、7月10日、12月3日
 
ラベンダーの効能・利用方法
ラベンダーの実には香り豊かなオイルが含まれており、実を手で揉むと殻が割れて特徴的な香りが漂う。ラベンダーは精神安定、鎮痛、防虫、殺菌、消化促進などに効果があるとされている。
エッセンシャルオイル
収穫したラベンダーを蒸気で蒸すことでオイルを取り出すことができる。精油(エッセンシャルオイル)は、アロマテラピーなどに用いられる。
サシェ(香り袋)
フランスではラベンダーポプリの入った小さな布袋をサシェ(香り袋)として利用している。サシェを洋服箪笥に入れたり、枕の近くに置いたりするなど、ラベンダーの香りを楽しむ。
ハーブティー
リラックス効果が高いラベンダーは、ハーブティーとしても人気がある。ラベンダーティーは、緊張や不安で眠れないときやイライラしてしまうときなどにおすすめ。
 
西洋の花言葉(英語)
Lavender(ラベンダー全般)
「devotion(献身的な愛)」「silence(沈黙、静寂)」「distrust(疑惑)」
 
ラベンダーの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 7月~8月
出回り時期: 6月~7月(最盛期は6月)
花持ち期間: 2~3日程度
 
名称・原産地
科・属名: シソ科ラベンダー属
学名: Lavandula angustifolia
和名: ラベンダー
別名: 薫衣草(クンイソウ)
英名: Lavender
原産地: 地中海沿岸
 
ラベンダーを国花とする国
ポルトガル
z11006.jpg
日本でラベンダーと言えば北海道の富良野!ラベンダーのファームと言えば「ファーム富田」!礼拝堂がありますので神にお祈りを捧げてからラベンダーを楽しみましょう!
ファーム富田HP(クリックでHPに)
   
ファーム富田



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR