今日の花便り 「鷺草」

z11102.jpg
鷺が飛んでる姿に良く似てますけどランの仲間です。

鷺草 White egret flower
花名の鷺草(サギソウ)は、純白で細かな切れ込みの入った花姿が、まるで白鷺(シラサギ)が飛んでいるかのようにみえることに由来する。英語でも「White egret flower(シラサギの花)」と呼ばれている。

夏の花。花色は白。

サギソウの花言葉
花言葉の「清純」「繊細」は、サギソウの純白な花色と細かな切れ込みの入った優美な花姿にちなむともいわれている。
 
「清純」「繊細」「夢でもあなたを想う」
z11104.jpg

サギソウ誕生花
8月13日、8月21日
 
サギソウと世田谷区
かつて大規模なサギソウの自生地が世田谷区(東京)にもあり、1968年にサギソウが世田谷区の「区の花」に指定された。また、世田谷区にはサギソウに絡んだ伝説もある。
サギソウ伝説
世田谷城主・吉良頼康(不明~1562)には、奥沢城主・大平出羽守の娘で常盤姫(ときわひめ)という美しい側室がおり、頼康の愛を一身に集めていた。しかし、それをねたましく思った他の側室たちのつくり話によって常盤姫は追放されてしまった。
自害して身の潔白を証明しようとした常盤姫は、飼っていた白鷺の足に遺書をくくりつけて飛ばしたが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまった。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。そして、その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったといわれている。
 
サギソウの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 7月~8月
 
名称・原産地
科・属名: ラン科サギソウ属
学名: Pecteilis radiata
和名: 鷺草(サギソウ)
別名: 鷺蘭(サギラン)
英名: White egret flower, Fringed Orchid
原産地: 日本、台湾、朝鮮半島

z11103.jpg
恋は楽しい 恋は儚い 恋は切ない 恋は難しい 恋は悲しい
何を言ってるんだよ、そう心から思える事は幸せなことじゃないか!この世には恋しいという感情が持てない人もいるんだよ。こんな悲しいことはないよ。

海辺の恋  佐藤 春夫

こぼれ松葉をかき集め 乙女の如き君なりき
こぼれ松葉に 火を放ち 童のごとき我なりき
童と乙女 寄りそいぬ ただ玉ゆらの 火をかこみ
うれしく二人 手をとりぬ 甲斐なきことを ただ夢み
入り日の中に たつてぶり ありや なしやと ただ ほのか
海辺の恋のはかなさは こぼれ松葉の 火なりけむ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR