今日の花便り 「コブシ」

z11659.jpg
熱は峠を越えたようです。昨日より大分楽になりました。

辛夷 Kobushi magnolia
和名のコブシは、集合果でデコボコした果実の形状が握りこぶしに似ていることに由来する。つぼみの形が子どもの握りこぶしに似ているとする説もあするる。昔はコブシの花が咲く時期に田打ち作業を始めたことから「田打ち桜(タウチザクラ)」の別名もある。属名の学名「Magnolia(マグノリア)」は、18世紀のフランスの植物学者ピエール・マニョル(Pierre Magnol / 1638~1715)の名前にちなんでいる。英語では、和名から「Kobushi magnolia」や「Northern Japanese magnolia」などと呼ばれる。

春の花(最盛期は3~4月)。花色は白。

コブシの花言葉
花言葉の「愛らしさ」は、子ともの握りこぶしのようなつぼみの形にちなむともいわれる。
「友情」「友愛」の花言葉は、純白で曇りのない花姿に由来するといわれる。

「友情」「友愛」「愛らしさ」

z11658.jpg



コブシ誕生花
3月8日、3月24日

コブシと天気
コブシの花が上向きに咲くと晴天、下向きになると雨になるという俗説もあるそうな。

コブシの季節・開花時期
旬の季節: 春
開花時期: 3月~5月
出回り時期: 3月~5月(最盛期は3~4月)
花持ち期間: 4~7日程度

名称・原産地
科・属名: モクレン科モクレン属
学名: Magnolia kobus
和名: 辛夷(コブシ)
別名: 田打ち桜(タウチザクラ)、山蘭(ヤマアララギ)
英名: Kobushi magnolia, Northern Japanese magnolia
原産地: 日本、韓国済州島
z11660.jpg


「最後だとわかっていたなら」
  
あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう
 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう
 
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう
 
あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう
 
たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい
 
そして わたしたちは 忘れないようにしたい
 
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
 
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
 
微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと
 
だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう
 
「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから
  
     ノーマ コーネット マレック


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR