FC2ブログ

孫子 兵法 「軍形篇」

z11749.jpg



 孫子曰、昔之善戦者、先為不可勝、以待敵之可勝、不可勝在己、可勝在敵、故善戦者、能為不可勝、不能使敵之可勝、故曰、勝可知、而不可為、不可勝者、守也、可勝者、攻也、守則不足、攻則有餘、善守者、蔵於九地之下、善攻者、動於九天之上、故能自保而全勝也。
 見勝不過衆人之所知、非善之善者也、戦勝而天下曰善、非善之善者也、故挙秋毫不為多力、見日月不為明目、聞雷霆不為聴耳、古之所謂善戦者、勝於易勝者也、故善戦者之勝也、無奇勝、無智名、無勇功、故其戦勝不□、□不者、其所措必勝、勝已敗者也、故善戦者、立於不敗之地、而不失敵之敗也、是故勝兵先勝而後求戦、敗兵先戦而後求勝。
 善用兵者、修道而保法、故能為勝敗之政。
 兵法、一曰度、二曰量、三曰数、四曰稱、五曰勝、地生度、度生量、量生数、数生稱、稱生勝、故勝兵若以鎰稱銖、敗兵若以鎰稱銖。
 勝者之戦民也、若決積水於千仞之谿者、形也。


 孫子曰く、昔の善く戦う者は、まず勝つべからざるをなして、もって敵の勝つべきを待つ。勝つべからざるは己れに在るも、勝つべきは敵に在り。故に善く戦う者は、よく勝つべからざるをなすも、敵をして必ず勝つべからしむること能わず。故に曰く、勝は知るべくしてなすべからず、と。勝つべからざるは守ればなり。勝つべきは攻むればなり。守るはすなわら足らざれなり、攻むるはすなわち余りあればなり。善く守る者は九地の下に蔵れ、善く攻むる者は九天の上に動く。故によく自ら保ちて勝を全うするなり。
 勝を見ること衆人の知るところに過ぎざるは、善の善なる者にあらず。戦い勝ちて天下善というは、善の善なる者にあらず。故に秋亳を挙ぐるも多力となさず、日月を見るは明目となさず。雷霆を聞くは聡耳となさず。古のいわゆる善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に善く戦う者の勝つや、智名なく、勇功なし。故にその戦い勝ちてたがわず。たがわざるは、その措くところ必ず勝つ、すでに敗るる者に勝てばなり。故に善く戦う者は不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わず。この故に勝兵はまず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵はまず戦いて而る後に勝を求む。
 善く兵を用うる者は、道を修めて法を保つ。故によく勝敗の政をなす。
 兵法は、一に曰く度、二に曰く量、三に曰く数、四に曰く称、五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は数を生じ、数は称を生じ、称は勝を生ず。故に勝兵は鎰をもって銖を称るがごとく、敗兵は銖をもって鎰を称るがごとし。
 勝者の人を戦わしむるや、積水を千仞の谿に決するがごときは、形也。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR