FC2ブログ

孫子 兵法 「兵勢篇」

z11749.jpg


 孫子曰、凡治衆如治寡、分数是也、闘衆如闘寡、形名是也、三軍之衆、可使必受敵而無敗者、奇正是也、兵之所加、如以?投卵者、虚実是也。
 凡戦者、以正合、以奇勝、故善出奇者、無窮如天地、不竭如江河、終而復始、日月是也、死而復生、四時是也、聲不過五、五聲之変、不可勝聴也、色不過五、五色之変、不可勝観也、味不過五、五味之変、不可勝嘗也、戦勢、不過奇正、奇正之変、不可勝窮也、奇正相生、如循環之無端、孰能窮之。
 激水之疾、至於漂石者、勢也、鷙鳥之疾、至於毀折者、節也、是故善戦者、其勢険、其節短、勢如□弩、節如發機。
 乱生於治、怯生於勇、弱生於彊、治乱数也、勇怯勢也、彊弱形也。
 故善動敵者、形之、敵必従之、予之、敵必取之、以利動之、以卒待之。
 故善戦者、求之於勢、不責於人、故能擇人而任勢、任勢者、其戦人也、如轉木石、木石之性、安則静、危則動、方則止、圓則行、故善戦人之勢、如轉圓石於千仞之山者、勢也。


 
 孫子曰く、およそ衆を冶むること募を冶むるがごとくなるは、分数これなり。衆を闘わしむること寡を闘わしむるがごとくなるは、形名これなり。三軍の衆、必ず敵を受けて敗なからしむべきは、奇正これなり。兵の加うるところ、石をもって卵に投ずるがごとくなるは、虚実これなり。
 およそ戦う者は、正をもって合し、奇をもって勝つ。故に善く奇を出だす者は、窮まりなきこと天地のごとく、竭きざること江河のごとし。終わりてまた始まるは、日月これなり。死してまた生ずるは、四時これなり。声は五に過ぎざるも、五声の変は勝げて聴くべからず。色は五に過ぎざるも、五色の変は勝げて観るべからず。味は五に過ぎざるも、五味の変は勝げて嘗むべからず。戦勢は奇正に過ぎざるも、奇正の変は勝げて窮むべからず。奇正のあい生ずること、循環の端なきがごとし、孰かよくこれを窮めんや。
 激水の疾き、石を漂すに至るは勢なり。鷙鳥の撃ちて、毀折に至るは節なり。この故に善く戦う者は、その勢は険にしてその節は短なり。 勢は弩を弾くがごとく、節は機を発するがごとし。
 乱は治に生じ、怯は勇に生じ、弱は強に生ず。治乱は数なり、勇怯は勢なり、 強弱は形なり。
 故に善く敵を動かす者は、これに形すれば、敵必ずこれに従い、 これを予れば、敵必ずこれを取る。利をもってこれを動かし、卒をもってこれを待つ。
 故に善く戦う者は、これを勢に求めて、人を責めず、故によく人を択びて勢に任ぜしむ。勢に任ずる者は、その人を戦わしむるや木石を転ずるがごとし。木石の性は、安なれば静かに、危なれば動き、方なれば止まり、円なれば行く。故に善く人を戦わしむるの勢い、円石を千仞の山に転ずるがごとくなるは、勢なり。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR