FC2ブログ

孫子 兵法 「九変篇」

z11749.jpg

 孫子曰、凡用兵之法、高陵勿向、背丘勿逆、絶地勿留、佯北勿従、鋭卒勿攻、餌兵勿食、帰師勿遏、圍師必闕、窮寇勿迫、此用兵之法也。
 塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不争、君命有所不受。
 故将通於九変之地利者、知用兵矣、将不通於九変之利者、雖知地形、不能得地之利矣、治兵不知九変之術、雖知五利、不能得人之用矣。
 長故智者之慮、必雑於利害、雑於利、而務可信也、雑於害、而患可解也。
 是故屈諸侯者以害、役諸侯者以業、趨諸侯者以利。
 故用兵之法、無恃其不来、恃吾有以待也、無恃其不攻、恃吾有所不可攻也。
 故将有五危、必死可殺也、必生可虜也、忿速可侮也、廉潔可辱也、愛民可煩也、凡此五者、将之過也、用兵之災也、覆軍殺将、必以五危、不可不察也。

 孫子曰く、およそ用兵の法は、高陵は向かうことなかれ。丘を背にするは逆らうことなかれ。佯わりて北ぐるに従うことなかれ。鋭卒は攻むることなかれ。餌兵は食らうことなかれ。帰師は遏むることなかれ。囲師は周することなかれ、窮寇は追ることなかれ。此れ用兵の法なり。
 塗に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。
 故に将、九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将、九変の利に通ぜざる者は、地形を知るといえども、地の利を得ること能わず。兵を治めて九変の術を知らざる者は、五利を知るといえども、人の用を得ること能わず。
 この故に、智者の慮は必ず利害に雑う。利に雑えて務めは信なるべきなり。害に雑えて患いは解くべきなり。
 この故に、諸侯を屈するものは害をもってし、諸侯を役するものは業をもってし、諸侯を趨らすものは利をもってす。
 故に用兵の法は、その来たらざるを恃むことなく、われのもって待つあることを恃むなり。その攻めざるを恃むことなく、わが攻むべからざる所あるを恃むなり。
 故に将に五危あり。必死は殺さるべきなり、必生は虜にさるべきなり、忿速は侮らるべきなり、廉潔は辱めらるべきなり、愛民は煩さるべきなり。およそこの五つのものは将の過ちなり、用兵の災いなり。軍を覆し将を殺すは必ず五危をもってす。察せざるべからず。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR