孫子 兵法 「九地篇」

z11749.jpg


孫子曰、用兵之法、有散地、有輕地、有爭地、有交地、有衢地、有重地、有圮地、有圍地、有死地、諸侯自戰其地、爲散地、入人之地而不深者、爲輕地、我得則利、彼得亦利者、爲爭地、我可以往、彼可以來者、爲交地、諸侯之地三屬、先至而得天下之衆者、爲衢地、入人之地深、背城邑多者、爲重地、行山林、險阻、沮澤、凡難行之道者、爲圮、地、所由入者隘、所從歸者迂、彼寡可以撃吾之衆者、爲圍地、疾戰則存、不疾戰則亡者、爲死地、是故散地則無戰、輕地則無止、爭地則無攻、交地則無絶、衢地則合交、重地則掠、圮、地則行、圍地則謀、死地則戰、


孫子曰いわく、兵を用もちいるの法は、散地さんちあり、軽地けいちあり、争地そうちあり、交地こうちあり、衢地くちあり、重地ちょうちあり、圮地ひちあり、囲地いちあり、死地しちあり。諸侯みずからその地に戦うを散地さんちとなす。人の地に入りて深からざるものを軽地けいちとなす。われ得うれば利あり、かれ得うるもまた利あるものを争地そうちとなす。われもって往ゆくべく、かれもって来たるべきものを交地こうちとなす。諸侯の地三属さんぞくし、先さきに至れば天下の衆を得うべきものを衢地くちとなす。人の地に入ること深くして、城邑じょうゆうを背せにすること多きものを重地じゅうちとなす。山林、険阻けんそ、狙沢そたく、およそ行き難がたきの道を行くものを圮地ひちとなす。由よりて入るところのもの隘せまく、従よりて帰るところのもの迂うにして、かれ寡かにしてもってわれの衆を撃つべきものを囲地いちとなす。疾とく戦えば存そんし、疾とく戦わざれば亡ほろぶるものを死地しちとなす。このゆえに散地さんちにはすなわち戦うことなかれ。軽地けいちにはすなわち止とどまることなかれ。争地そうちにはすなわち攻せむることなかれ。交地こうちにはすなわち絶たつことなかれ。衢地くちにはすなわち交まじわりを合がっす。重地じゅうちにはすなわち掠かすむ。圮地ひちにはすなわち行く。囲地いちにはすなわち謀はかる。死地しちにはすなわち戦たたかう。
其地 … 武経本では「其地者」に作る。
則 … 武経本では「亦」に作る。
行 … 武経本にはこの字なし。
謀 … 武経本では「説」に作る。
死 … 武経本では「戎」に作る。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR