FC2ブログ

孫子 兵法 「火攻篇」

z11749.jpg

孫子曰、凡火攻有五、一曰火人、二曰火積、三曰火輜、四曰火庫、五曰火隊、行火必有因、煙火必素具、發火有時、起火有日、時者天之燥也、日者月在箕壁翼軫也、凡此四宿者、風起之日也、

孫子曰いわく、およそ火攻かこうに五あり。一に曰いわく、人を火やく、二に曰いわく、積しを火やく、三に曰いわく、輜しを火やく、四に曰いわく、庫こを火やく、五に曰いわく、隊たいを火やく。火ひを行おこなうには必ず因いんあり。煙火えんかは必ず素もとより具そなう。火を発するに時あり、火を起こすに日あり、時ときとは天の燥かわけるなり。日とは、月の箕き・壁へき・翼よく・軫しんにあるなり。およそこの四宿ししゅくは風起おこるの日ひなり。

凡火攻、必因五火之變而應之、火發於内、則早應之於外、火發兵靜者、待而勿攻、極其火力、可從而從之、不可從而止、火可發於外、無待於内、以時發之、火發上風、無攻下風、晝風久、夜風止、凡軍必知有五火之變、以數守之、

およそ火攻かこうは、必ず五火ごかの変に因よりてこれに応ず。火ひ、内うちに発すれば、早くこれに外そとに応ず。火ひ発してその兵静しずかなるは、待まちて攻せむることなかれ。その火力かりょくを極め、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止やむ。火ひ、外に発すべくんば、内うちに待つことなく、時をもってこれを発せよ。火ひ、上風じょうふうに発すれば、下風かふうを攻むることなかれ。昼ひるの風は久しく、夜の風は止やむ。およそ軍は必ず五火ごかの変あるを知り、数すうをもってこれを守まもる。
火發兵靜者 … 武経本では「火發而其兵靜者」に作る。
而 … 武経本では「則」に作る。
有 … 武経本にはこの字なし。
故以火佐攻者明、以水佐攻者強、水可以絶、不可以奪、
ゆえに火をもって攻こうを佐たすくる者は明めいなり。水をもって攻こうを佐たすくる者は強きょうなり。水はもって絶たつべく、もって奪うばうべからず。

夫戰勝攻取、而不修其功者凶、命曰費留、故曰、明主慮之、良將修之、非利不動、非得不用、非危不戰、主不可以怒而興師、將不可以慍而致戰、合於利而動、不合於利而止、怒可以復喜、慍可以復悦、亡國不可以復存、死者不可以復生、故明君愼之、良將警之、此安國全軍之道也、

それ戦勝せんしょう攻取こうしゅして、その功こうを修めざるは凶きょうなり。命なづけて費留ひりゅうと曰いう。ゆえに曰いわく、明主めいしゅはこれを慮おもんぱかり、良将りょうしょうはこれを修む。利にあらざれば動かず、得うるにあらざれば用もちいず、危あやうきにあらざれば戦わず。主は怒りをもって師を興おこすべからず、将しょうは慍いきどおりをもって戦いを致すべからず。利に合がっして動き、利に合がっせずして止やむ。怒りはもってまた喜ぶべく、慍いきどおりはもってまた悦よろこぶべきも、亡国ぼうこくはもってまた存そんすべからず、死者はもってまた生いくべからず。ゆえに明君めいくんはこれを慎つつしみ、良将りょうしょうはこれを警いましむ。これ国を安やすんじ軍を全まっとうするの道みちなり。
悦 … 武経本では「説」に作る。
君 … 武経本では「主」に作る。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR