論語 孔子 子貢曰貧而無諂章

z11794.png


子貢曰。貧而無諂。富而無驕。何如。子曰。可也。未若貧而樂。富而好禮者也。子貢曰。詩云。如切如磋。如琢如磨。其斯之謂與。子曰。賜也。始可與言詩已矣。告諸往而知來者也。

子貢しこう曰いわく、貧まずしくして諂へつらうこと無なく、富とみて驕おごること無なきは、何如いかん。子し曰いわく、可かなり。未いまだ貧まずしくして楽たのしみ、富とみて礼れいを好このむ者ものに若しかざるなり。子貢しこう曰いわく、詩しに云いう、「切せっするが如ごとく、磋さするが如ごとく、琢たくするが如ごとく、磨まするが如ごとし」と。其それ斯これを之これ謂いうか。子し曰いわく、賜しや、始はじめて与ともに詩しを言いう可べきのみ。諸これに往おうを告つげて、来らいを知しる者ものなり。

第十五章



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR