FC2ブログ

鬼丸国綱

z11850.jpg

粟田口国綱 山城(京) 粟田口六兄弟の末弟 時代鎌倉初期 御物
姿は鎬造、庵棟、中程で反る山城伝(来伝)独特の所謂華表反りの体配を呈し、鋒は中鋒でかます風となる。鍛えは、小板目に小杢目交じり、よく詰み、地沸つき、地斑交じる。刃文は、小乱れ、総体に浅く湾れ、表裏に腰刃を焼き、小沸つき、小足、葉入り、匂口沈みごころとなる。帽子は、乱れ込み、先大丸ごころに返る。茎は生ぶで、先栗尻、鑢目は浅い勝手下がり、銘は「国綱」の二字銘を切る。

鬼丸の由来
巻第三十二 直冬上洛事付鬼丸鬼切事
太平記によれば、初代執権北条時政が、毎夜毎夜夢の中で子鬼に苦しめられていたという。
ある晩、夢の中に翁が現れ、「自分は太刀国綱である。ところが汚れた人の手に握られたため錆びてしまい鞘から抜け出せない、妖怪を退治したければ早く自分の錆を拭い去ってくれ」と言ったという。
翁の言うとおり、錆を拭き去ったところ、立掛けておいた国綱が倒れ、近くにおいてあった火鉢の足を斬った。見るとそれは銀で作られた鬼の形をしており、それ以来夢の中で子鬼に苦しめられることがなくなったと言う。
その後「鬼丸」と名付け、北条高時(第14代執権)の代まで北条家に伝わったという。この逸話の主は太平記では時政とするが、異説がある。

天下五剣の一振り。基本的に言えば嘘っぽい刀の由来をつけるのは折角の刀の汚点をつけると同じだから止めた方が良いと思いますけどね。しかし刀は目を見張る程凄く良い。本来なら国宝若しくは重要文化財ですが天皇に献上された刀なので付いてないだけですよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR