冬の海

__ aa29
ひとり凍てつく海にいた
寂しい光と波の音
放浪の旅人には
この冬の海の輝きや
大きな波しぶきが
痛めた身骨と心を弄ぶ
過ぎし日々
我が憂愁の思いよ
たえざる寂しい時よ
哀れを癒す筈が
ひとり凍てつく心にいる

こんな詩現地で浮かぶ訳ないじゃん、オール革で行っても寒くて寒くて手の感覚は無くなるし下半身は自然が呼んでるしで早々に切り上げてきたよ。

__ aa30これでも超寒い

今日は風も強く生憎の今にも雨が降りそうな空模様、でも暗い海の色というのも悪くない。この広い海の向こうにコンパスも持たずにヨットでただひたすら真っ直ぐ走る旅に出たくなった時だった(即遭難)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR