果敢に「禁酒宣言」


と言ってもまだ二日目だが「たばこはやらない」から完全に「禁酒」チャレンジ!元アルコール依存症の俺がやるんだからこんな説得力のあるチャレンジャーはいないだろう?

<禁酒のメリット>
依存状態からの解放

正確には、禁酒によって依存から抜け出すことが出来るよりは、そうした精神状態から抜け出せたから禁酒しやすくなったと言えます。
こうした意識を持つことで相乗効果が生まれ、継続期間が長くなればなるほど、その意味をポジティブに理解出来るようになるのは確かです。
そして、お酒がなくても抑圧されているような感覚がなくなれば、その状態にとどまっていることに喜びが見い出され、その後の禁酒も継続しやすくなります。

節約

今まで当たり前のようにお酒に使っていたお金を使わなくなることでその分の余裕が持てます。加えて、どこのお酒が安いからと探し回り買いに行く手間もなくなります。
居酒屋で飲む数杯のビールで数千円取られるようなこともなくなります。
経済にはよろしくないかもしれませんが、家計の負担が少なくなるのは間違いの無い事実です。
お酒を飲む飲まないで、自分の中で葛藤し続けるのも時間がかかるものです。そうした時間の節約にもなります。

集中力が養われる

体内にアルコールが入ると、神経の働きが鈍くなりどうしても集中力が切れてしまいますが、お酒を飲むこともなくなれば、常に一定以上の集中力を出すことが出来るようになるので、自分のポテンシャルを引き上げることにも繋がるかもしれません。
反対に、お酒を飲んだ方が調子が出るという人も中にはいるかもしれませんが、それは、集中力ではなく、気分の問題でしかありません。

ダイエット効果

禁酒とダイエットが直接関係あるわけではありませんが、アルコールが入ると自制心が緩くなってしまうので、結果として、食べ過ぎを生み出してしまいます。
また、居酒屋のような場所で数名で集まりお酒を飲む時もそうですが、手持無沙汰から、お酒を多く飲んでしまったり、つまみをついつい食べ過ぎてしまうというのはよくあることです。
結局、こうした自制心や状況がお酒に酔って太りやすい環境を作り出ししまうということには、変わりありません。
「これ本当!お酒を呑むとメチャ食べて激太り」

健康状態の改善

肝臓にかかる負担を減らすことが出来る。
お酒が入ることでの暴飲暴食を減らすことが出来る。
「体がだるいとかパッとしないのは肝臓」が疲れてる証拠」

<飲酒のデメリット>

やる気がなくなる

アルコールも薬物依存の一種として、精神的な快楽をもたらします。
快楽は、人の求める感覚の中でも強力なものです。
普段は仕事に一生懸命な人ほど、知らないうちに苦痛を溜め込んでいる場合が有ります。その反動がアルコールによて解放されると、精神的な快楽はより一層強く感じてしまうので、それだけやる気を失う場合もあります。
「これ俺がそうだった、家族を失った寂しさから生きる希望もなく酒に一時の安息を求め朝から酒を呑み、酒が無くなりゃまた買いに行くだけの生活に堕ちた」

頭の回転が鈍くなる

やる気を失うと脳は思考を停止し結果的に頭の回転が鈍くなります。
「本当だよ!酒以外何も考えられなくなる」

交通死亡事故の引き金

アルコールが入ると、咄嗟の判断力が落ちていくだけでなく、物事の善し悪しの判断力も同じように曖昧になってしまいます。
短絡的思考状態で車を運転し人身事故を引き起こしても、人としてのモラルの基準も曖昧になってしまうことで、自分の起こした事故を無かったものにしようとその場からいなくなってしまうという現実逃避をしてしまうことがあります。
その段階で対処していれば助かっていた生命もアルコールによる判断力の欠如が原因で、還らなものとなってしまう危険性があります。
「自分は大丈夫!」と思っている人ほど、注意しなければいけないことです。
「小僧の時つっぱって飲酒、無免許運転、挙句の果てにはオーバースピードでガードレールに突き刺さってあわや死亡、酒を呑んでいた事で激しい出血と当時の仲間は言っていた」

依存症が酷くなる

依存性があるということは、本来求めていることが実現できずに他のものに精神的な安定を求めている場合があります。
¥中でもお酒は、アルコールによって思考が鈍くなる事や快楽状態が生み出されることによって、精神的な苦痛が緩和される働きのあり、身近で誰でも手に入れやすいものでもあります。
そうした依存的な関わりを続けることによって、いつからかアルコールがなくては、生活していくことができなくなり、次第に依存性が強くなってしまうことにもなり兼ねません。
「これも本当!酒がないと寂しくて飲まずにはいられない、これが依存症の代表的自覚症状」

節々が痛くなる

体内のアルコール、もしくは、アセトアルデヒドが分解されないと、それが体内を巡る事で一時的な中毒状態となります。その症状として酔いや気分が悪くなるだけでなく、体のあらゆる関節が痛くなってしまうことも有ります。
 <以上禁酒の方法から部分的に引用>

z3776.gif
どうも俺の知ってる奴には酒でストレスを紛らわしてるのが多いから俺が辞めて見本見したる。実は俺も家族を失った時は絶望してアルコール依存症になったのだ酒を呑まないから付き合いに影響することはない、少なくても俺の場合は無い。

z3777.jpg
これで人に倫理を解けるか?、ただだらしないだけ!こんな人間と結婚させたいと思う親は居ないぞ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR