今日の花便り 「鷺草」

z11102.jpg
鷺が飛んでる姿に良く似てますけどランの仲間です。

鷺草 White egret flower
花名の鷺草(サギソウ)は、純白で細かな切れ込みの入った花姿が、まるで白鷺(シラサギ)が飛んでいるかのようにみえることに由来する。英語でも「White egret flower(シラサギの花)」と呼ばれている。

夏の花。花色は白。

サギソウの花言葉
花言葉の「清純」「繊細」は、サギソウの純白な花色と細かな切れ込みの入った優美な花姿にちなむともいわれている。
 
「清純」「繊細」「夢でもあなたを想う」
z11104.jpg

サギソウ誕生花
8月13日、8月21日
 
サギソウと世田谷区
かつて大規模なサギソウの自生地が世田谷区(東京)にもあり、1968年にサギソウが世田谷区の「区の花」に指定された。また、世田谷区にはサギソウに絡んだ伝説もある。
サギソウ伝説
世田谷城主・吉良頼康(不明~1562)には、奥沢城主・大平出羽守の娘で常盤姫(ときわひめ)という美しい側室がおり、頼康の愛を一身に集めていた。しかし、それをねたましく思った他の側室たちのつくり話によって常盤姫は追放されてしまった。
自害して身の潔白を証明しようとした常盤姫は、飼っていた白鷺の足に遺書をくくりつけて飛ばしたが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまった。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。そして、その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったといわれている。
 
サギソウの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 7月~8月
 
名称・原産地
科・属名: ラン科サギソウ属
学名: Pecteilis radiata
和名: 鷺草(サギソウ)
別名: 鷺蘭(サギラン)
英名: White egret flower, Fringed Orchid
原産地: 日本、台湾、朝鮮半島

z11103.jpg
恋は楽しい 恋は儚い 恋は切ない 恋は難しい 恋は悲しい
何を言ってるんだよ、そう心から思える事は幸せなことじゃないか!この世には恋しいという感情が持てない人もいるんだよ。こんな悲しいことはないよ。

海辺の恋  佐藤 春夫

こぼれ松葉をかき集め 乙女の如き君なりき
こぼれ松葉に 火を放ち 童のごとき我なりき
童と乙女 寄りそいぬ ただ玉ゆらの 火をかこみ
うれしく二人 手をとりぬ 甲斐なきことを ただ夢み
入り日の中に たつてぶり ありや なしやと ただ ほのか
海辺の恋のはかなさは こぼれ松葉の 火なりけむ

今日の花便り 「サルビア」

z11098.jpg
身近で良く見かける花ですが大好きな花のひとつです。

サルビア Scarlet sage
属名の学名「salvia(サルビア)」は、ラテン語の「salvus(健康、よい状態、安全)」を語源とし、古代ローマ時代からこの植物の一種が薬草として用いられたことに由来する。

初夏~秋の花(最盛期は5~10月)。花色は赤、青、ピンク、紫、白など。

サルビアの花言葉
ラテン語の”salvus”は、フランスで”sauge”となり、イギリスで”sage”に変化した。この「sage(セージ)」は、英語で賢人を意味する”sage”と同じ語であり、花言葉の「尊敬」「知恵」もこれに由来するといわれている。赤いサルビアの「燃える思い」という花言葉は、その情熱的な花色にちなむ。

「尊敬」「知恵」「良い家庭」「家族愛」

色別の花言葉

赤いサルビア

「燃える思い」

青いサルビア(ブルーセージ)

「尊敬」「知恵」
z11099.jpg

サルビア誕生花

8月7日(赤)、8月31日、9月19日、10月4日、12月18日(セージ)



サルビアの言い伝え

中世ヨーロッパでは、サルビアは少女たちに将来の夫を予見させる力があると信じられていたそうな。また、寿命をのばしたり、精神力をたかめたり、悲しみを和らげたりする力があるともいわれていた。


サルビアの種類

サルビアの仲間は500種以上あるが、観賞用として最も一般的なのは、サルビア・スプレンデンス。その他にハーブとして用いられるセージ(薬用サルビア)、青い花を咲かすブルーサルビアなどがある。

サルビア・スプレンデンス

学名: Salvia splendens
英名: scarlet sage(スカーレットセージ)

7~11月頃に赤い花を咲かせます。和名の緋衣草(ヒゴロモソウ)は、花びらだけでなく、萼(がく)や苞(ほう)も赤一色で、まるで緋色(やや黄色みのある鮮やかな赤)の衣をまとったように見えることにちなむ。他にも様々な花色の園芸品種があり、観賞用として花壇などに植えられる。

セージ(薬用サルビア)

学名: Salvia officinalis
英名: Common sage(コモンセージ), Garden sage(ガーデンセージ)

和名は、薬用サルビア(ヤクヨウサルビア)。学名の”officinalis”は「薬用の」という意味。5~7月頃に紫や白色の花を咲かせ、株全体に独特の香りがある。抗酸化作用が強く、古代ローマ時代から薬草として使われていた。大量に使われるようになったのは、香りが強く、苦みのある葉が肉類の調味に利用されるようになってから。豚肉の臭み消しに利用されたり、チーズ、ソーセージ、シチュー、スープなどの味つけとして用いられる。そこからソーセージ(sausage)の語源になったという説もあるそうな。

ブルーサルビア

学名: Salvia farinacea
英名: Mealy sage(メアリーセージ)

学名はサルビア・ファリナセアで、別名ブルーサルビア。北アメリカが原産で、5~10月頃に青や紫色の花を咲かせる。



西洋の花言葉(英語)

Sage(サルビア全般)

「esteem(尊敬、尊重)」「wisdom(知恵、賢さ)」「domestic virtue(家庭の徳)」



サルビアの季節・開花時期

旬の季節: 初夏~秋
開花時期: 7月~11月
出回り時期: 4月~11月(最盛期は5~10月)
花持ち期間: 2~3日程度



名称・原産地

科・属名: シソ科アキギリ属(別名:サルビア属)
学名: Salvia splendens
和名: 緋衣草(ヒゴロモソウ)
別名: サルビア、セージ
英名: Scarlet sage
原産地: ブラジル

z11100.jpg
何か創作するにも言葉が思い浮かばない。まるで空腹で歩き疲れた旅人のよう。

  温もり

彼はいつもこうだ

一緒に寝る時に必ず私の腕と胸の間に入ってくる

子供のようにクークー寝息を立てる年下の彼氏

私はそれがいつも嫌だった

私が彼の腕の中で眠りたかった

男らしく頼りになる彼氏になってほしかった

彼にそのことを言うといつも困った顔をした

それがまた私に苛立ちを覚えさせた

ある日、私の前から彼がいなくなった

涙は出なかった

いつかこうなることは分かっていたから

今日はベッドには私の温もりしかない

夜中ふと目覚めると

私の腕で彼が寝ていた

私はふいに彼を抱きしめた

・・・そこには何も存在しなかった

私は彼がいない存在を初めて感じた

そして・・・

涙が・・・止まらなかった

        夏目洋介



















今日の花便り 「キンセンカ」

z11096.jpg
こんなに寂しい人の心をも和ませる花なのに何故か悲しい花言葉、最初は不思議でならなかった。

金盞花 Calendula
花名の金盞花(キンセンカ)は、花が黄金色で「盞(さかずき)」のような形をしていることに由来するともいわれている。

春の花(最盛期は3~4月)。花色は黄、オレンジ。

キンセンカの花言葉
明るく陽気な雰囲気をもつキンセンカの花。その一方で「別れの悲しみ」「悲嘆」といったキンセンカの悲しい花言葉は、ギリシア神話に由来するといわれている。また、黄色系の花には不吉をほのめかす花言葉が多くつけられている。マリーゴールドの「嫉妬」「絶望」「悲しみ」、黄色いカーネーションの「軽蔑」、黄色いバラの「愛情の薄らぎ」「嫉妬」、黄色いユリの「偽り」、黄色いチューリップの「望みのない恋」、黄色いキクの「破れた恋」など。

「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」

 
キンセンカ誕生花
1月12日(黄)、1月20日、2月8日、2月9日、3月26日(オレンジ)
 
キンセンカとギリシア神話
水の精(ニンフ)クリティが太陽神アポロンに恋をした。しかし、アポロンとレウトコエ王女が恋仲にあり、それをねたんだクリティが王女の父に密告してしまう。怒った王は娘のレウトコエを生き埋めにしてしまった。自分の行ないを恥じたクリティは、9日間地面に座ったまま空をすぎるアポロンをみつめていると、やがてキンセンカに姿を変えてしまったという。
 
西洋の花言葉(英語)

Calendula(キンセンカ全般)
「grief(悲嘆)」「despair(絶望)」「sorrow(悲しみ、悲哀)」
 
キンセンカの季節・開花時期
旬の季節: 春
開花時期: 12月~5月
出回り時期: 10月~5月(最盛期は3~4月)
花持ち期間: 3~7日程度
 
名称・原産地
科・属名: キク科キンセンカ属
学名: Calendula officinalis
和名: 金盞花(キンセンカ)
別名: カレンデュラ、ポットマリーゴールド、長春花(チョウシュンカ)
英名: Pot marigold, Common marigold, Calendula
原産地: 地中海沿岸

z11097.jpg
もう俺は千葉の白浜に行くことはないのだろうか。戻れるものなら何でもすると神に祈ってもそれだけは叶えてくれない。俺が何をしたというのだ。そう誰もいない海に向かって叫んでみたがこの花の園で心から生きていて良かったと思ったあの日はもう帰らない。

愛を失った傷は、愛で癒されます

あなたが傷ついていないか、あなたの家族をはじめ、みんな心配していることと思います。自分がこのような温かい愛情に包まれていることにも少しだけ注意を向けてみてください。
あなたが悲しんでいることを心配してくれている人がいることに気づいてください。あなたの家族、友人の愛が、そこにあるのです。もし、あなたが天涯孤独の身だという場合でも、あなたの愛する人が天国で心配していますよ。
 中原憬

俺の場合は無理です。あの日以来どんなに頑張っても亡くしたあの人のように別な人を愛することが出来なくなりました。あなたが言うように天国であの人が心配してくれてる実感があるならそれだけで生きて行けます。だけどそんなものありません。心から何度も幽霊でも良いから傍にいて欲しいと願ったことか。

人は仮面を被る
だけどそれは
好きで被ってるんじゃない
そうしなければ生きて行けない
だから人は仮面を被る

ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー詩集 中原中也訳 夕べの辞


z10936.jpg
 

 夕べの辞


私は坐りつきりだつた、理髪師の手をせる天使そのままに、
丸溝のくつきり付いたビールのコップを手に持ちて、
下腹突き出し頸反らし陶土のパイプを口にして、
まるで平たひらとさへみえる、荒模様なる空の下。

古き鳩舎に煮えかへる鳥糞うんこの如く、
数々の夢は私の胸に燃え、徐かに焦げて。
やがて私のやさしい心は、沈欝にして生々なま/\し
溶とろけた金のまみれつく液汁木質さながらだつた。

さて、夢を、細心もつて嚥(の)み下し、
身を転じ、――ビール三四十杯を飲んだので
尿意遂げんとこゝろをあつめる。

しとやかに、排香草ヒソフや杉にかこまれし天主の如く、
いよ高くいよ遐(とほ)く、褐色の空には向けて放尿す、
――大いなる、ヘリオトロープにうべなはれ。
プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR